ENVIRONMENT

事業紹介

OUR BUSINESS

配管工事の
エキスパートとして、
ガスや上下水道など、
まちのライフライン
つないでいきます。

金子工業は、配管工事のスペシャリストとして、ガス本支管工事を中心に、上下水道工事やそれに付随する道路の舗装工事など、さまざまな工事を幅広く担当。また、東日本大震災など、大規模災害時には現地に出張し、復旧工事などを行うことも。ライフラインに関わるさまざまな工事・事業を幅広く展開しています。

配管工事のエキスパートとして、ガスや上下水道など、まちのライフラインをつないでいきます。
  カネコのシゴト01
ガス工事
ガス工事
ガス工事
ガス工事

ガス本支管工事

「本支管」とは、道路などの下にあるガスの大動脈にあたる部分。本支管を新しく埋設したり、古いガス管を入れ替えたりする工事です。金子工業が請け負う工事のなかで、もっとも多い工事になります。

ガス供給管工事

本支管から分岐してお客さまの敷地までつなぐガス管を「供給管」と言います。道路に埋設されている本支管から、お客さまの敷地まで、供給管を埋設します。お客さまがガスを使用するためには、供給管工事が必要になります。

ガス内管工事

ガス機器までを結ぶお客さまの敷地内にある管のことを「内管」と呼びます。ガス内管工事は、お客さまの敷地内に内管を埋設する工事です。そのほか、付随する配管工事・ガス栓・メーターの取り付けなども行います。

カネコのシゴト01

ガス工事(本支管・供給管・内管の配管)

供給地域の拡大にともない、ガス管の新規埋設や古くなった管を新しく入れ替える工事などを行う、金子工業の主軸となる事業です。ガス管は、本支管→供給管→内管の順で細分化しながら街中に張りめぐらされています。金子工業では、ガス供給の根幹を支えている「ガス本支管工事」を中心に、さまざまなガスの配管工事を実施し、みなさまのもとへ安全にガスをお届けできるようにしています。

ガス工事
ガス工事
ガス工事
ガス工事
  カネコのシゴト02
カネコのシゴト02

上下水道工事(上下水道管の配管)

水道水は、道路の地下に張りめぐらされた上水道管を通ってやってきます。また、使用した水は下水道管を通り、適切に処理されています。金子工業では、こうした水道管の配管工事も担当しています。水道管に水漏れや破裂が生じると、みなさまの生活に多大な影響が発生します。そこで、老朽化した水道管の入れ替え工事などにより、みなさまの生活に欠かせないライフライン、インフラ設備を守っています。

上下水道工事
上下水道工事

上下水道本管工事

道路に埋設してある上下水道管を整備する工事が、上下水道本管工事。水道管を新しく埋設したり、古い管を入れ替えたりする工事です。

給水装置工事

上水道本管から、お客さまの敷地内まで配管をつなぎ、水道メーター・給水用具の設置をする工事です。

排水設備工事

お客さまの敷地内に設置した公共汚水ますから下水道の本管までを結ぶ配管工事のほか、排水トラップ・通気設備等の付属設備を設置する工事です。

上下水道工事
上下水道工事
  カネコのシゴト03
カネコのシゴト03

道路舗装工事(配管工事に付随
する土木工事
)

ガスの本支管や上下水道の本管は、まちの道路の下に埋設されているため、ガスや上下水道の配管工事の前には、道路の掘削作業、そして配管工事完了後には掘削箇所に土を埋めて戻し、道路の舗装工事を行う必要があります。このような配管工事にともなう道路舗装工事やその他の土木工事を自社で行うこともあります。(土木作業は協力会社にまかせて、工事士は配管作業、監理士が工事現場全体の管理に専念するというチーム体制をとる現場も多くあります)

  カネコのシゴト04
カネコのシゴト04

災害復旧工事・その他

普段は三重県を中心にした地域の工事を担当していますが、災害発生時には、地域の垣根をこえて被災地に出動することも。ガス災害復旧隊に参加し、被災地の復旧工事作業にあたります。これまで阪神・淡路大震災(1995年)や東海豪雨(2000年)、新潟県中越沖地震(2007年)、東日本大震災(2011年)などの際、現地に人員を派遣し、復旧作業に尽力してきました。金子工業は、私たちの生活になくてはならないライフラインに携わる者の使命として、これからも災害復旧工事はもちろん、ライフラインに関わるさまざまな工事・業務に積極的に取り組んでいきます。